風力発電は地球にやさしい|メリットがたくさん

家

雨漏りの被害と対策

塗装する作業員

屋根と外壁のメンテナンス

家を長持ちさせるためにはメンテナンスが必要です。特に屋根と外壁は雨漏りのリスクがあるので、新築してから10年目にメンテナンスをするのが理想です。屋根と外壁は一年中休むことなく外気から家を守っています。夏の暑い日差しや冬の冷たい風や雪、台風の豪雨などにさらされ続けているので、劣化するのも早いのです。ほんの小さな破損や傷から雨が染み込んできます。知らないで放置しておくと構造材に染み込んでカビが発生したり、腐食することもあります。シロアリの発生原因になることもあります。カビが発生すると子どもや高齢者の呼吸器官に異常が出る場合もあります。メンテナンスをすれば下地の傷や破損の点検をしますから、雨漏り修理もしてもらえます。

修理業者は見積もりで選ぶ

天井や壁にシミができたら雨が漏っている証拠ですから、すぐに業者に連絡して雨漏り修理をする必要があります。小さな雨漏りは素人ではなかなか見つからないので、定期的に検査してもらうことも大事です。個人で行う場合は、雨の降っている日などに天井裏に上がって、柱などに水滴が染み出していないか確認することで発見できることがあります。業者に雨漏り修理を依頼する時は、複数の業者から見積もりを出してもらって選ぶようにします。特に塗装料の明細がしっかりと書かれている業者なら信頼できます。気候風土に精通している地元の業者の方がアフターケアなどもやってくれます。最近は気候変動で集中豪雨が増えていますので、今後は屋根のメンテナンスや雨漏り修理はますます必要とされます。